ツインテール名鑑(Twintail Dictionary)

Twintail.Dictionary
トップ  >  (名前)(作品名)索引  >  リドリー・ティンバーレイク
Powered by NINJA TOOLS

スポンサーリンク

リドリー・ティンバーレイク(りどりー・てぃんばーれいく)

登場作品: ラジアータストーリーズ
誕生日(年齢): 不明(16歳)
血液型: 不明
身長/体重: 不明
B/W/H: 不明
カテゴリ: 基本型
関連サイト: 公式サイト

備考

ラジアータ王国の家老であり4大貴族の一つである「ティンバーレイク家」の当主、ジャスネ・コルトン(彼のファミリーネームが異なるのは、彼が入婿であるため)の娘。

超良家の生まれで、幼少の頃から厳格に育てられてきたためなのか、任務などには忠実な反面、頑固者で融通が利かないところがある。
同じく幼少の頃から、騎士を目指して闘いの訓練を受けていたため、年齢の割にはかなりの実力を持つ。主な武器は斧系。
騎士団セレクション(入団試験のようなもの)にて初戦で主人公のジャックと対峙、一方的に叩きのめしてしまうが、結果的には両方とも入団し、しかも2人とも「桃色豚闘士団(ローズ・コション)」に配属。以来、ジャックとはずっと反目しており、犬猿の仲と周囲から評されるほど、その関係はあまり良いものではなかった。

…が、任務中に彼女が瀕死の重傷を負い、そのときにエルフ族から施された処置により一命を取りとめるが、それがきっかけとなって、彼女の運命は大きく変化し、また、大きな悩みの種を背負うことにもなった。

彼女の最終的な運命は、ジャック(主人公)の行動次第。

ちなみに、父であるジャスネ・コルトンは娘に対しては「超」がつくほど過保護であり、色々と騎士団に圧力をかけたりと暗躍した結果、団長にまでなったりするのだが、リドリー自身はそういった特別扱いをものすごく嫌う傾向にある。よって、父との関係もあまり良くない。というかリドリー自身が敬遠している。

…質量が多めの基本型ツインテール、金髪、ツリ目と来れば、その性格は大体予想がつくかもしれないが、概ね予想通りともいえます。
当初は仲違いが多く、主人公であるジャックを見下してる部分もあるのだが、そう見ていながらも、実は、一番、気を許すことのできる相手がジャックであったことに、彼が騎士団から追い出されてから気づくことになる……その後、誕生パーティの招待状を贈ったりとか…彼女についていくと分かるが、その後のジャックに対しては割と素直になっていく。
まあなんというか…典型的な、本当の意味での「ツンデレ」という奴なのかもしれないね。うん。

しかし残念なことは…リドリーは物語の中核なので、どんなに追いかけても最後の最後でパーティを抜けてしまう。
最終決戦直前、集中的に育成したリドリーが仲間リストから消えてしまったときのショックは今でも忘れられない…。

「お情けで騎士団に入れたお前とは違う」

ラジアータ ストーリーズ 小説 ラジアータ ストーリーズ side2-A ≪人間編≫ (ゲームノベルズ) ラジアータ ストーリーズ 公式コンプリートガイド (SE-MOOK)